平成で随一の色香を放った壇蜜さんの快進撃は令和になっても続くでしょう。

セクシーな有名人のメイン画像

【平成時代】壇蜜さん

網タイツで膝を組む女性

 

平成の約30年では、数え切れないほどのアイドルが誕生しました。
グラビアアイドルやモデル、女優はそれこそ数万人にも及ぶでしょう。

 

魅了されたアイドルは人によって違うかもしれませんが、ときめいた感動は誰もが経験したはずです。

 

そして、伝統を変えて様変わりするアイドルや女優の中でも一際目立った存在が壇蜜さんです。

 

異論はあるかもしれませんが、ここでは平成時代を代表する女優として壇蜜さんを紹介したいと思います。
ドラマやバラエティー番組など幅広く活躍する壇蜜さんの魅力に迫ってみましょう。

 

 

壇蜜さんについて

語学留学や調理師免許、そし銀座のクラブのホステスを経験するなど異色な経歴を持っています。

 

しかもデビューは2009年、龍が如く4というゲームのキャバ嬢役で出演したのがきっかけなのです。
その後、グラビアアイドルとして活躍するようになり、女優やタレントとして現在も活動を続けています。

 

ロングの黒髪に独特な妖艶さを感じさせる壇蜜さんは、すぐに話題となり男性を中心にファンを集めて行きました。
確固たる信念があり自分なりの価値観を語る姿には大人の色気が詰まっているでしょう。

 

特に、バイセクシャルだと公言したり脱ぐことに躊躇いは無いなどエロティシズムを感じさせる言動が男性の妄想をかき立てています。

 

 

主な活躍

女王様のイメージ画像

 

前述したように龍が如く4のキャバ嬢役でデビューしたのをきっかけに、映画やドラマで活躍しています。
一般公募のグラビア企画に応募した際、撮られることに悦びを感じてデビューを決意したようです。

 

2012年には映画「私の奴隷になりなさい」で主演を務めており、その後も女王様を想起させるエロいポジションを確立させています。
GTOのドラマや半沢直樹に出演したのも壇蜜さんの存在を知らしめるきっかけになったでしょう。

 

デビュー当時で既に29歳にも関わらず、若いグラビアアイドルに負けない大人の色気を振り撒いていました。
清純で初々しいグラビアではなく、妖艶な色気を出すグラビアは年上男性を魅了したのです。

 

 

とにかく良い女

壇蜜さんは自身がインタビューを受けた時に、とことん男性に尽くすタイプだと語っています。
大和撫子を彷彿とさせ、男性の後を3歩下がって付いて来るようなお淑やかさには男性の自尊心を満たす効果もあるでしょう。

 

実際の恋愛は違ったとしても、多くの男性にそんな理想を想像させたのは大きな功績です。
グラビアや映画で見せる妖艶な色気も、独特な価値観も、すべてが良い女の条件に当てはまっていると言っても過言ではありません。

 

花と二つの結婚指輪

 

ちなみに、2019年に漫画家の清野とおる氏と結婚しました。
今後は今までの色気に加えて人妻の魅力も与えてくれるでしょう。

 

壇蜜さんの色気はまだまだこれからなのかもしれません。